ビタミンをとるためにおすすめな方法 - DHCのビタミンCは朝晩2回がおすすめの飲み方

ビタミンをとるためにおすすめな方法

ビタミンは体を作り健康に保つために必要な成分の1つです。

炭水化物、脂質、タンパク質と伴に4大栄養素として日々摂取することが奨励されています。ビタミンはこの中でも体の調子を整えたり肌を美しい状態にしてくれるという効果があることから特に重要な栄養素とされている物です。

おすすめのビタミンの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

しかしビタミンには様々な種類があり、しかもそれらをバランスよく取らなくては肝心の健康美容効果を得ることができません。

そこでおすすめな方法はビタミンをバランスよく含んだ野菜や果物を食べることです。果物というとレモンをまず思いうかべる方が多いでしょうでしょう。



秋から冬にかけての季節には柿や柚がおすすめです。


また春から夏にかけてはイチゴやキウイを食べるのも効率的。


また市販のアセロラジュースや青汁を日常に取り入れる事でも効果を得られます。野菜でいうと緑黄色野菜であるピーマンやパプリカが料理の幅も広く一度に摂取できる量も安定してるのでよいでしょう。のりなどもビタミンを多く含む食材です。


しかし何と言ってもおすすめな野菜は豆苗。成人で1日に必要な摂取量をカバーできるうえに、廉価で手に入りやすく安定供給化されていて毎日でも食べられます。
調理方法もスープやお味噌汁に加えたり茹でて和え物にしたり鍋の具にするなど様々。

面倒な方はインスタントラーメンを作る時に加えるだけで栄養バランスを格段に良くしてくれます。


美容も健康も口から取る物が基本です。

その両方のために豆苗を食べることをおすすめします。



top